Bootcamp環境でRX 5700XTのベンチマークをしてみる

どうも〜Yukiです。

今回は、前回の記事で構築したBootcamp + eGPUの環境がどれほどの性能なのかというのをかる~く検証していきます。
使用したベンチは以下の通りです。
・Cinebench
・Time Spy
・CSGOでの実際のプレイ

CPU-Z

まずはCPU-ZでRX 5700XTがきちんと認識しているかを見てみます。

CPUであるi5-8279Uは基本クロック速度が2.4Ghzとなっています。CPU-Zでも定格通りのクロック速度が確認できます。GraphicsのタブではしっかりとRX 5700XTが認識されており、問題なく使用できる環境のようです。

Core Temp

Core Tempでのアイドル時の温度を見てみます。

アイドル時は51℃平均のようです。これはクラムシェルモードで計測しているので、普通よりは少し高い結果となっています。常に50℃程度というのはどうなんでしょうか。当然ですがデスクトップPCよりだいぶ負担が多いですよね。

Cinebench

それでは大本命Cinebenchをやっていきます。

Cinebench中の温度をCore Tempで見てみると、全てのコアが100℃近くなり、100℃に達したところでサーマルスロットリングが発動しているようです。結果としては1421ptsとなり、中々に低い結果だと思います。同じ4コア8スレッドのi7-7700Kが2420ptsなので、モバイル向けCPUはやはり冷却、それに伴うクロック速度が上げられないという問題がありますね...。

Time Spy

次にTime Spyを見てみます。結果を見ると、グラフィック性能は中々に強化されているようです。

結果は6735となり、悪くないスコアが出ました。自作PCとでは天と地ほどの差はありますが、CSGOやVALORANTなど軽いゲームをプレイするのなら問題はありません。

CSGOでのプレイ

最後にCSGOで実際にプレイしてみた様子です。

戦績は名前が出てしまうので見せられませんが...。実際に1920×1080でプレイしてみた感想としては、フレームレートは安定しており、問題なくプレイできます。144hzでのプレイでも問題なく、常に200FPS以上は出ています。

画像はありませんが、VALORANTでのプレイもあまり問題がないように見えます。144FPS固定をしてプレイをしてみましたが、時々100FPSを切ることはあるものの、そこまで問題はないように見えます。

または、MONSTER HUNTER WORLDもプレイをしてみましたが、常に30FPSを切っており、まともなプレイはできませんでした。この環境では、CPU、Thunderbolt 3のボトルネックもあり重いゲームをプレイするには難しいでしょう。

まとめ

全体的な感想としては、やはり非力なMacbook ProのCPUであり、この環境を長く続けるのは難しいと思っています。

また、Bootcampは少し特殊なWindowsであり、eGPUにも公式に対応しておらずこれからの最適化によってフレームレートが向上することも望めません。Windowsのアップデートも出来ないのでセキュリティ的にも問題があります。全世界に普及しているWindowsのアップデートが出来ないとなると致命的な問題です。

実はこの環境が構築出来た時点で自作PCを解体してしまっているので、この環境がまともにゲームが出来ないとなると苦しいんですよね...。ということで新たに性能のいいノートPCを買おうと思います。

そろそろMacから離れる時が来ましたかね...。

それでは

Posted by Yuki