BUFFALOの最大4803MbpsのWi-Fi 6ルーターを買ってみた

2021年1月3日

どうも~Yukiです。

最近Wi-Fi 6対応機器がおうちに増えてきたので、前々から導入しようと思っていたWi-Fi 6ルーターをついに購入しました。

現在はNTTさんにもらったRS-500KIという無線LAN搭載のモデムで、スマホなどの機器に接続していますが、5GHzの最大速度は約1300Mbpsとなっています。

数字としては悪くありませんが、実際使ってみると遅いなあと思うことが多いです。

また、僕が使っている用途として一番データ通信量が多いのが、Oculus QuestでVirtual Deskotpを使ってリモートで動かす作業です。

Virtual Desktopは非常に大きな通信量を要求してくるので、RS-500KIでは耐えきれず、フリーズすることが多々ありました。それを今回購入したBUFFALOのWi-Fi 6ルーターで解決したいという思惑です。

BUFFALO WXR-5700AX7S

今回購入したのはコチラのモデルです。

ポイントが貯まっていたのでAmazonではなくビックカメラで購入しました。

5GHzの最大速度は4803Mbps、2.4GHzの最大速度は860Mbpsです。

大きいアンテナ4本搭載されており、電波強度も非常に強くなっています。

また、モデムと接続するポートは10Gbps対応で、モデムが10Gbps対応なら恩恵が受けられます。

残念ながらRS-500KIは10Gbps対応ではないので、効果はありませんが、少しは早くなるでしょう。

開封 + 設置

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/PXL_20201220_071053387-scaled.jpg

パッケージはこんな感じです。付属品はLANケーブル、電源ケーブル、縦置きスタンドです。

まずは設置をしてみます。今回は机の上に設置したいので、縦置きスタンドを使います。

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/PXL_20201220_074659637-scaled.jpg

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/PXL_20201220_075530700-scaled.jpg

電源ケーブルとLANケーブルでモデムと接続します。3分ほど待つと、"WIRELESS"ランプと"INTERNET"ランプが点灯し設定が完了します。

特に設定をすることもなく、非常に簡単に接続出来ました。

接続確認

インターネットには既に接続出来ているようですが、以下のリンクを開くことで確認出来ます。

http://86866.jp/set/

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/80d62bea2e0e277d1d555a705b41ffd8.png

画像のように表示されていたら接続成功です。

各種設定などは、BUFFALOが提供している"エアステーション設定ツール"で設定出来ます。

スピードテスト

とりあえず接続が成功したので、スピードテストをしてみます。

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/964dcdf05b9344100bb33d2e2cef8373.png

Googleのスピードテストをした結果です。

下り680.4Mbps、上り110.6Mbpsという結果になりました。

RS-500KIでは下り300Mbpsがいいとこだったので、悪くない結果となってます。時間帯は、日曜の17:00頃テストしました。

http://yukiblo.jp/wp-content/uploads/2020/12/8f6d8c7d2d2619d6c5b1a1ac4930b4c2.png

speedtest.netでもテストしてみました。

下り590.76Mbps、上り184.17Mbpsになりました。何度かやってみましたが、下りは600Mbps平均でした。

素晴らしいです。前より断然早くなりました。

常にこの速度を維持出来るわけではありませんが、最大値が大きいと実測値も上がっていくので、RS-500KIと比べてだいぶ使い勝手がよくなりそうです。

次回はOculus Questで試して検証したいと思います。

それでは

Posted by Yuki