Pixel 3a XLのbootloaderをアンロックしてAndroid 10を焼く

どうも〜Yukiです。

前回の記事で、Pixel 3a XLを購入して軽くレビューしました。今回は、bootloaderをアンロックしてAndroid 10を導入していきます。そもそもbootloaderアンロックを目的に購入したので、やっと念願が叶って嬉しいです。今回はbootloaderアンロックついでにAndroid 10を焼いていきます。

Androidは色々とカスタマイズ出来るので、色んなことを学べて楽しいし記事のネタに出来て良いですね。

必要なもの

・adb環境
Google USBドライバ
Pixel 3a XL Android 10のFactory Image

Adb環境の用意とUSBドライバのインストールは説明しませんので、済ませておいてください。adb環境についてはNexus 7の記事で説明しています。

※Pixel 3aとXLではFactory Imageが違うので注意してください。Pixel 3aのファームウェアは”sargo”で、Pixel 3a XLのファームウェアは”bonito”です。

OEMアンロック、USBデバッグ

まずbootloaderアンロックするために、OEMアンロックをする必要があります。ビルド番号をタップして、皆さんご存知開発者オプションを表示させます。

OEMロック解除という項目をオンにします。PINが要求されますので、入力します。

入力したら、警告が表示されます。自己責任で有効にしましょう。

オンになりました。

また、USBデバッグもオンにする必要があります。

bootloader Unlock

ではbootloaderをアンロックします。USB-Cケーブルでパソコンと繋ぎます。Pixel 3aの通知センターにUSB充電中と出ますので、タップしてファイル転送にします。

するとパソコンでストレージが見れます。SSDは64GBなのに、49GBしか使えないんですね。Android 9どんだけデカイんだ。

adb reboot bootloader

と入力し、fastbootモードに入れます。

Fastbootに入りました

fastboot flashing unlock

と入力します。

デバイス側で、Volumeボタンを操作してUnlock bootloaderに合わせ、電源ボタンで確定します。

unlockedになりました。

Android 10のフォルダをCドライブに移動させて、ターミナルでcdします。

flash-all.bat

と入力すると、Android 10のROMが焼かれます。

デフォルトのRecoveryが起動しました。放っておくと、Press any keyと表示され終了します。

まとめ

Nexus 7で経験済みなので、サクッといけました。

Bootloaderアンロックをすると、Felicaなど一部機能が使えなくなりますが、いろいろいじれて楽しいので私はAndroidデバイスを買ったらするようにしています。

次回はTWRP、Magisk、Xposedなどを導入していきます。

それでは

Posted by Yuki