僕のiPadの使い方

2019年7月15日

iPad Proを使い出して2ヶ月ぐらい経ったので、僕の現在の主な使い方を紹介しようと思います。これほど大きな買い物でしたが、買って全く後悔していません。タブレットという微妙な位置付けで、ちゃんと使いこなせるか不安でしたが、杞憂でした。

 

今まで使ってきたタブレット

僕のタブレットデビューは多くの人と一緒であろう、Nexus 7(2012)です。当時は大きい画面でYouTubeを見たくて、タブレットという新しいデバイス(当時はタブレットは出たてでした)にものすごく興味を惹かれていました。昔はファブレットなんて呼び方をする人もいたタブレットですが、やはり一番難しいのはスマホとの住み分けです。大きくなったスマホ、というだけのタブレットは、多くのライトユーザーには必要のないものでした。

 

僕もそのライトユーザーの中の1人で、買ったはいいものの、動画を見る以外では全く使っていませんでした。そもそも動画やkindleで本を読むぐらいの性能しかNexus 7にはありませんでしたが、そのようなタブレットは多くの人にとって必要ではなかったわけです。

 

Xperia Z4 Tablet

2代目のタブレットは、Xperia Z4 Tabletです。Nexus 7がお化けタップで壊れ、使いものにならなくなり数年が経って、また素晴らしいタブレットに出会いました。SONYはZ4 Tabletの前にもZ2 Tabletなどを出していましたが、それにはあまり惹かれませんでした。Z4 Tabletになって、何が一番すごいと思ったかというと、スタイラスで文字を途切れずに書ける、ということです。

 

ジェットダイスケさんの動画で、Z4 TabletとZ2 Tabletを比較している動画があるのですが、Z4 Tabletではほとんど途切れずにスタイラスで文字が書けたり、防水になって、お風呂の中で画面が濡れていてもスムーズに反応したりといった機能を見て、またタブレットを買ってやるかという気持ちになりました。

 

正直Nexus 7は全く使いこなせていなかったので、タブレットを買ってもどうせ使わないだろうな、とずっと悩んでいました。悩んで悩んだ結果、僕はZ4 Tabletを購入しました。

 

Xperia Z4 Tabletの特筆すべきところはない

このタブレットの素晴らしいところは、防水だとか、文字が途切れずに書けるだとか、そういう機能が搭載された、という事実だと思います。正直、当時は鬼スペックだとか言われていましたが、正直他と比べてそんなに差異はなかったと思うんですよ。Xperia Z4の評判の悪さの反動で、Tabletがものすごく評価されてるのかな、とも思いました(ちなみに僕の初代のスマホはXperia Z4です)。そんな大したことはないだろうけど、めちゃめちゃ欲しくさせた、そんな不思議な魅力があると思います。ベゼルも細くなりましたしね。

 

結局大して使わなかった

しかし、色々期待を込めてさあ使ってやるぞと意気込み購入したわけですが、正直全然使いませんでした。なぜかというと、期待していた手書き文字入力が全然使い物にならなかった、というのが一番大きいです。

 

これを買えばノートが取れる、とまでは思っていませんでしたが、以前のタブレットと同じような反応の悪さで、YouTubeとkindle専用機になっていました。当時はnasneも持っておらず、家のレコーダーにTV Slide Showでアクセスしようとしてもずっと始まらなかったり、ウェブを見ようにもBKB50(別売の純正キーボード)のショートカットが全然使えなかったりと、不満が結構出てきました。当時はこれを買えばノートパソコンいらないじゃん!と思っていましたが、全然要ります。タブレットはノートパソコンには勝てません。

 

そんなわけで、しばらく使ったり使わなかったりしているうちに、画面を踏んでバキバキに壊してしまいました。Androidユーザならわかると思いますが、iPhoneと違って画面が割れたら一瞬で操作不能になるのがAndroid端末です。修理をしようにもその時すでにXperia Z4 TabletがSONYストアからなくなっていて(生産終了)、生産終了した端末の修理は引き受けないというアホの極みSONYのおかげで、僕はまたタブレットがない人生に戻りました。全然支障はありませんでしたが。

 

3代目の今回のiPad Pro

2台もタブレットを使いこなせていずにいるので、発表された時は買おうか非常に迷っていました。本当に自分に必要なものなのかどうか、レビュー動画をめちゃくちゃ見たり、色んなサイトをネットサーフィンしたりして、情報を集めていました。

 

個人的にいい進化だと思ったのが、TouchIDが廃止されてFaceIDになり、ホームボタンがなくなったこと、ベゼルが細くなったこと、SmartKeyboardの角度が変えられるようになったこと。これだけで買う価値はあると思いましたが、やっぱり最大の理由はPencilの進化です。今までのPencilの充電方法でもし使っていたら、どんくさい自分では簡単に折ってしまいそうだなと思っていました(笑)。

 

マグネットでくっつき、さらに充電までしてくれる、という画期的な形態は、Surfaceの便利さを追い抜いた瞬間だと思いました(OSでは負けていますが)。

 

Surface Book 2でノートをとっていて、タブレットでノートを取ることの便利さを体験しています。Surface Book 2の使い勝手が悪いという問題もあいまって、今回iPadを購入するに至りました。

 

経験から学ぶ

2台のタブレットを無駄にした経験から、使うならめちゃくちゃ便利に使ってやろうと思い、事前に使い方をリストアップしていました。

 

一番の目的はPencilでノートを取ること。kindleやYouTubeでメディアの消費をすること。また、torneでテレビ番組を持ち歩くこと。テキストエディタで文字打ちをすること。Macの代わりにOfficeを使うこと。LightroomでRAW現像をすること。

 

こうしてみると、案外少ないかもしれませんが、これだけできれば買う価値はあると思います。これだけのことが、iPad単体でできて、しかも一日中持ち歩ける、という便利さを考えたら、iPad Proは絶対に買いだと思います。ちなみに最近一番使っているのはtorneです。nasneを買えば、テレビを買わなくてもiPadだけでテレビが見られるので、NHKがきた時も安心ですよ(笑)。iPadに書き出せば外出先でもオフラインで番組が見れます。

 

まとめ

そんなわけで、タブレットというものを根本から考えてきた私ですが、iPad Proは買って後悔しないタブレットだと思います。タブレットが使われる頻度は、性能と比例すると思うので、iPadは買ったら絶対に様々な用途を見つけられます。iPadを買っても結局使わないだろうな、とか考える前に、欲しくなったら買うべき、と言っておきます。これだけ高い買い物をすれば、さすがに無理やりにでも使い方を模索すると思いますよ(笑)。

 

それでは、よいタブレットライフを。

Posted by Yuki